馬場咲希が2週間でみせた“修正能力” 3回→11回のフェアウェイキープに「振れている」

馬場咲希が2週間でみせた“修正能力” 3回→11回のフェアウェイキープに「振れている」

自信を持ってドライバーを振れている(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープンゴルフ選手権 初日◇29日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

全米女子アマを日本勢37年ぶりに制した馬場咲希(代々木高2年)が、初日を1バーディ・2ボギーの「73」で回り22位タイの滑り出しを決めた。


落としどころが絞られたフェアウェイ、芝が長いラフ、厳しいピンポジション、速くて硬いグリーン…。これぞメジャーと言わんばかりのセッティングに多くの選手が悩まされ、アンダースコアは8人だけ。そんななか、17歳が終始安定したプレーでスコアをまとめてみせた。

2週間前の“凱旋試合”となった「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」ではドライバーの不振に苦しみ、フェアウェイキープは初日「4/14」に、2日目「3/14」と低めの数字だった馬場。「フェアウェイキープができなかったのがボギーのきっかけになってくるのかなと。とにかくフェアウェイから打ちたかった」と武器でもあるドライバーの精度の低さを悔やんだが、この大一番までにはしっかり修正してみせた。

午後組としてスタートした初日、アウトコースからティオフすると、前半のフェアウェイキープ率は100%。後半に入って3度外し、そのうちひとつはボギーとしたが、残りの2回はパーセーブを決めた。「東海クラシックは全くフェアウェイキープできず、そこからずっとドライバーを練習したので自信がついたし、振れていると思う」。“大きく振る”ことを意識して力強いボールを打ち続け、フェアウェイキープは「11/14」を記録した。

難易度が最も高い14番ではフェアウェイを外し、続く15番では3パットの連続ボギーを喫したが、上がり3ホールはピンチをしのぎ続けてホールアウト。“忍耐力”もみせた1日だった。それでも後半の出だし3ホールで3メートルほどのバーディチャンスを立て続けに外したことには「どちらかというと悔しい気持ちのほうが大きい」と唇を噛む。

いつもはしないという緊張も感じたスタート序盤。「なんでだろう…足が震えていた」とも振り返ったが、好プレーが自信を後押しして4ホール目までには払しょく。スイングの精度を取り戻した修正能力、ラウンド中にみせた気持ちの切り替えは、馬場の武器なのかもしれない。(文・笠井あかり)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?