菅沼菜々は直ドラ→バンカーのマネジメントで『71』 難セッティングに「もう4日間やった感じ(笑)」

菅沼菜々は直ドラ→バンカーのマネジメントで『71』 難セッティングに「もう4日間やった感じ(笑)」

マネジメント力も非凡 菅沼菜々が日本タイトルをつかみにかかる(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープン 2日目◇30日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

これが女子ゴルファーNo.1を決めるメジャーの難しさなのか。2日目にアンダーパーで回った選手はわずかに5人。さらに言えば、トータルアンダーで決勝ラウンドに進んだのは3人のみだった。


菅沼菜々はその3人の内のひとりだ。午前7時12分に10番ホールからスタートすると、前半は2バーディ・2ボギーで折り返し。後半では2つのバーディが先行したが、最終ホールは惜しくもボギーとして「71」で終えた。「すごい難しいので頭を使う。パターも耐える感じで…疲れました。もう4日間やった感じ(笑)」と疲労感をにじませた。

比較的難易度が低いパー5で3つのバーディを奪った2日目。セカンドショットがラフに入った4番、18番では「とりあえず(グリーンに)乗せておこう」と放った打球がナイスオンに。それぞれ4〜5メートルのバーディパットを決めきった。

一方の7番ではマネジメントが光った。「セカンドは直ドラで手前のバンカーに入れに行きました。残り30ヤードくらいですが、(バンカーは)硬くて打ちやすいので」。ティショットをフェアウェイに運ぶと、2打目もドライバーを握ってグリーン手前のバンカーに“イン”。そこから4メートルにつけて、こちらも得意というパッティングで沈めた。

今季はトップ10入りが12回で、未勝利ながらメルセデス・ランキング10位につける実力者。国内メジャーも「ワールドレディスサロンパス杯」は5位タイ、もうひとつの日本タイトル「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」では初日から優勝争いを演じて3位に入るなど、大舞台で力を発揮している。

「ガマンして、なるべくボギーを打たないようにして。チャンスについたら入れられるようにしたいです」。首位とは1打差と射程圏内。いままで味わった悔しい気持ちをバネにして、初優勝をメジャーでつかみにかかる。(文・笠井あかり)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?