2日目の平均スコア『4.73』、バーディはわずかに6人… 14番パー4は何が難しいの?

2日目の平均スコア『4.73』、バーディはわずかに6人… 14番パー4は何が難しいの?

14番はティショットの落としどころが狭く、左のラフに外すと、2打目は無理に狙いにいかずレイアップが懸命(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープンゴルフ選手権 2日目◇30日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

2日目をアンダーパーで回った選手は6人で、トータルアンダーパーで決勝ラウンドに進んだのはわずかに3人。多くの選手らが苦しんだ“ザ・メジャー”のセッティングだが、特に14番パー4の難しさが際立った。


14番はやや右にドッグレッグする416ヤードのパー4。その曲がり角あたりとされている落としどころは狭く、フェアウェイに着弾しても左に傾斜しているため、そのまま左のラフに入ってしまうこともある。グリーン手前にはバンカーが3つ待ち構え、正面のバンカーからは下り傾斜になっているため、手前ピンだとなかなかピンにつけることは難しい。

バーディを奪ったのは原英莉花や河本結など119人中わずか6人。ボギーを喫したのはパーで切り抜けた人よりも多い67人、ダブルボギー以上は稲見萌寧や山下美夢有を含む12人もいる。驚くべきはフェアウェイキープ率。34.4538%で、もちろんこのコースでもっとも悪い。

単独首位に立った木村彩子はパーで切り抜けた。「初日は(ティショットが)ラフでしたが、2日目はフェアウェイだったのでなんとかパーで上がれました」。2日目はフェアウェイキープ率100%だった木村。この狭い落としどころを狙っていくためには「スライスを打つくらいの気持ちでカットめに打つ」ことをイメージしているという。

ディフェンディングチャンピオンの勝みなみも、なんとか2日連続のパーセーブ。2日間ともにティショットをラフに入れてレイアップを選択したが、3打目勝負からしびれるパーパットを決めた。「14番はボギーホール。ラフに入ったら100ヤードのところに出して3打目勝負、というのは決めています。気持ちを切り替えて打てているので、パーが獲れたと思います」。

一方で、初日に単独首位発進を決めた森田遥、そして上田桃子は14番に苦しんだ選手のひとり。森田はティショットが右の木の枝に当たり、右ラフへ。「フェアウェイにさえにいけばパーは獲れるホール。でもラフに入っちゃうと手前はバンカーなのでレイアップをしないといけない。大変なホールです」。そこからボギーを喫した。

上田は2日連続で、左ラフからの2打目をグリーン手前のバンカーに入れ、寄せワン勝負となった。「あそこのバンカーは寄らないと思っています。ラフに入ったら一番左のバンカーがベストですが、そこに持っていくまでが、ラフに入ってしまうと難しい。さらに左に行ってしまうと左の木もかかってきてしまう。なのでもうしょうがないかなという感じでした」。初日は手前から12ヤード、右から6ヤードの位置にカップが切られていたため、パーでしのぐことができたが、手前から4ヤード、右から5ヤードに切られた2日目には惜しくもボギーとした。

開幕前から快晴が続き、ラフは根元から元気で、グリーンコンディションはコンパクションが23.5、スティンプメーターが12フィートと、さらに硬く速く仕上がっている。3日目の14番は手前から19ヤードとやや奥めの位置にカップが切られているが、難しいことには変わりない。この“鬼門”をどう乗り切るかも、ひとつのカギになりそうだ。(文・笠井あかり)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?