馬場咲希は6差10位で最終日へ 3日連続のオーバーパーに「1日くらいアンダーを」

馬場咲希は6差10位で最終日へ 3日連続のオーバーパーに「1日くらいアンダーを」

ギャラリーの熱視線を浴びた馬場咲希 最終日のプレーにも注目が集まる(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープン 3日目◇1日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

「全米女子アマ」のタイトルとともに挑んだ初めての国内メジャー大会は、上位で最終日を迎えることになった。17歳の高校2年生・馬場咲希(代々木高)は3日目、2バーディ・4ボギーの「74」でプレー。トータル4オーバーは首位と6打差、10位タイにつけている。


ギャラリー人数を無制限としているこの大会では、土曜日ともあって7914人と多くのギャラリーが訪れた。その人数には「ゴルフ場にきた時点でびっくりした」という馬場だが、予選2日間に引き続き、たくさんのファンに囲まれながらのプレーとなった。

1番パー4ではティショットでフェアウェイをとらえると、残り139ヤードから2メートルにつけて“おはようバーディ”を奪取。「出だしの1番でバーディを獲ることができて、声援や拍手を送ってくれた。うれしくスタートすることができました」とスタートダッシュを切った。

6番パー3で落とすも、7番でバウンスバックを決める流れのいいゴルフ。だが「耐えて耐えていこうと思っていた」ところで、8番、9番と連続ボギーで前半を折り返し。後半はパーを積み重ね続けたが、終盤17番パー4ではティショットをラフに外してボギーを喫した。「獲りたいと思っていた」最終18番ではバーディパットが一筋合わずにパーでフィニッシュ。「悔しい」と、最後まで耐えきれずに唇をかんだ。

それでも課題としていた“集中力”は最後までキープ。外してしまった18番のパットも「入れたかったけど、思った通りに打てたのでよかった」と感触が悪いわけではない。

開幕前には「4日間戦う」ことを目標とし、それが叶った決勝ラウンドでは、「さらに上の順位」という目標を掲げている。3日目はスコアを落とすことにはなったが、順位は15位タイ→10位タイに上げた。

さらに上位へ。残すはあと18ホールだ。「『このコースは何も考えない方がスコアが出るね』とコーチと話していました。スコアや結果を気にせずに、思いっきり自分のゴルフがしたいです」。無心のゴルフを追及する構えだが、「73」、「73」、「74」という3日間のスコアは、やはり気になるようだ。「1日でもいいからアンダー(スコア)を出したいです」。少しだけ欲を出して、難コース攻略に挑む。(文・笠井あかり)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?