吉田優利は今季初優勝ならず 鬼門17番でトータル6オーバー「攻略できなかった」

吉田優利は今季初優勝ならず 鬼門17番でトータル6オーバー「攻略できなかった」

吉田優利はまたも惜敗 地元メジャーでカップを掲げることはできなかった(撮影:佐々木啓)

<日本女子オープン 最終日◇2日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

チャンスをつかみ切ることができなかった。1打差の単独2位で首位の背中を追った吉田優利は、3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「73」。トータルイーブンパー・3位タイに終わった。


今季はこれまで2位が5回。うちプレーオフでの惜敗は2回もある。今大会で最終日最終組入りは4回目だったが、またしても今季初優勝には届かず。するりとその手からこぼれ落ちてしまった。

コースのカギとして挙げていた14番パー4では、グリーン手前のバンカーから1メートルに寄せてパーセーブ。この時点まではスコアをひとつ伸ばし、同組で争っていた申ジエ(韓国)、ひとつ前の組の勝みなみと首位タイで肩を並べていた。だが、16番パー4で2打目をグリーンオーバーしてボギーとすると、17番パー4ではティショットをバンカーに入れてダブルボギー。ここで優勝争いから脱落してしまった。

17番は吉田にとっての“鬼門”だった。初日からボギー、ダブルボギー、ボギー、ダブルボギーと、4日間でトータル6オーバー。「4日間とも17番が攻略できなかった。次の機会があれば、全日パーで上がれたらいいと思います」。声を絞り出して前を向いた。

ギャラリー数無制限で行われた地元・千葉県でのナショナルオープンには、多くのファンが集まった。「日曜日をいい位置で迎えられたことはすごい大きいです」と優勝争いに絡んだことを喜んだが、それ以上に悔しさが大きい。「これから何回もチャンスがある。またリベンジしたいと思います。残り数試合しかないですけど、そのなかで優勝できるように頑張りたいです」。そして「あ〜」と大きなため息を吐いて、コースを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?