再び『ステルス』が1位に浮上 そこには意外な理由もあった【ウッド売り上げランキング】

再び『ステルス』が1位に浮上 そこには意外な理由もあった【ウッド売り上げランキング】

テーラーメイド『ステルス フェアウェイウッド』(撮影:ALBA)

今年2月に発売されて爆発的な大ヒットを記録した『ステルス』だが、3月以降は『ローグST』がドライバー部門でトップになることが多かった。しかし、最新のランキングではドライバー部門はもちろん、フェアウェイウッドとユーティリティの3部門で再び『ステルス』が1位になった。その理由について、ヴィクトリアゴルフ宇都宮細谷店の鈴木博志さんは次のように話す。


「確かに春以降は『ローグST』のほうが勢いがありましたし、『ステルス』を購入したものの『ローグST』に乗り替えるという人もいました。でも、ここにきて『ステルスプラス』から『ステルス』や『ステルスHD』に乗り替える人が出てきています」

『ステルスプラス』から他の『ステルス』に乗り換えるメリットとは?

「そもそも2月に勢いで『ステルスプラス』を購入したけど、ちょっとハードだったので『ステルス』の10.5度とか『ステルスHD』の12度に乗り替える人が多いです。そのメリットとしてはやさしいヘッドにすることで打球が上がりやすくなることと、もうひとつはシャフトです。もともとテーラーメイドのドライバーは人気があるので、カスタムシャフトでテーラーメイド用のスリーブ(調整機能)をつけている人が多いんです。だから、他のメーカーに乗り替えてしまうとシャフトも使えなくなるので、せっかくなら同じテーラーメイドに乗り替えようとする人が多いんです」

『ステルスシリーズ』に関しては打球が上がりにくいという声がある一方、ハマった人からは『圧倒的に飛ぶ』という声もある。だからこそ自分に合ったヘッド、スペックを選び直している人が増えているのだろう。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 キャロウェイ ローグST MAX
3位 ダンロップ ゼクシオレディス

■フェアウェイウッド売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ダンロップ ゼクシオレディス
3位 キャロウェイ ローグST MAX

■ユーティリティ売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ダンロップ ゼクシオ12
3位 ダンロップ ゼクシオレディス

※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?