マッケンジー・ヒューズがプレーオフでセップ・ストレイカを下して米ツアー2勝目

マッケンジー・ヒューズがプレーオフでセップ・ストレイカを下して米ツアー2勝目

マッケンジー・ヒューズがツアー2勝目(撮影:GettyImages)

<サンダーソンファームズ選手権 最終日◇2日◇カントリークラブ・オブ・ジャクソン(ミシシッピ州)◇7461ヤード・パー72>

米国男子ツアーの2022-23シーズン2戦目「サンダーソンファームズ選手権」の最終日、「67」をマークしたセップ・ストレイカ(オーストリア)と、「69」のマッケンジー・ヒューズ(カナダ)がトータル17アンダーで並んでプレーオフに突入。18番で行われたプレーオフ2ホール目にバーディを奪ったヒューズがストレイカを下した。


72ホール目の最終18番ティでは、ヒューズが先にホールアウトしたストレイカとトータル17アンダーで並んでいたが、18番のティショットを左の林にミスしてピンチ。しかし、2打目で木の枝を避けて低い球でグリーン右奥まで運び、グリーンの外から35ヤードのアプローチをパターで見事に寄せてパーをセーブした。

18番で行われたプレーオフ1ホール目も、ヒューズはセカンドショットをピンサイドのバンカーに外したが、これも1メートルに寄せてしのぐ。日没が気になる暗さになってきた2ホール目。フェアウェイからのセカンドショットを1ピン右につけたヒューズが、これを沈めてバーディ。先にバーディパットを外していたストレイカに競り勝った。ヒューズは16年11月の「RSMクラシック」で5人のプレーオフを制して以来、6年ぶりの米ツアー2勝目。勝負所でのショートゲームが光った。

1打差の3位にガリック・ヒーゴ、さらに1打差の4位にディーン・バーメスター(ともに南アフリカ)が入った。トータル13アンダー・5位タイには、ニック・ハーディ、マーク・ハバード、キーガン・ブラッドリー(いずれも米国)、エミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)の4人が続いた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?