勝みなみ「5ヤードくらい伸びた」 未発表のスリクソン『ZX』がツアー3連勝【勝者のギア】

勝みなみ「5ヤードくらい伸びた」 未発表のスリクソン『ZX』がツアー3連勝【勝者のギア】

ドライバーの発表が待ち遠しい!(撮影:ALBA)

<日本女子オープン 最終日◇2日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇6839ヤード・パー72>

女子ゴルファー日本一決定戦の最終日。首位と3打差でスタートした勝みなみが、6バーディ・2ボギーでプレーし、今大会ベストスコアタイの「68」をマーク。トータル3アンダーで逆転し今季2勝目(通算7勝目)を飾り、樋口久子、畑岡奈紗に続く3人目の大会連覇を達成した。


前半からアクセル全開だった。3番、5番、そして7番からの3連続で、計5バーディの快進撃。首位に並んで後半へ入ると13番、14番で連続ボギーを喫するなど苦しんだが、17番パー4で値千金のバーディをダッシュ。ひとつ後ろの組で優勝を争っていた申ジエ(韓国)や吉田優利がティショットをバンカーに入れて苦しんだホールで、決定的な差をつけた。

これでスリクソンの未発表モデル『ZXプロトタイプ』が「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」でツアーデビューしてから3戦連続優勝(尾関彩美悠、山下美夢有に続く)となった。勝は住友生命東海クラシックはエントリーしていなかったため、前週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」から同作を投入。飛距離が5ヤードくらい伸び、曲がり幅も小さいことから早速使用を決めた。

「先週から替えましたが、飛距離がちょっと伸びたような気がします。トータル5ヤードくらいですが、風のなかでも球の強さが全然違うような気がします。新しいドライバーの方が強いなぁと感じました。きょう(最終日)も風が強い場面とかもありましたが、飛距離も出てますし、ランも出てくれるのでそこはやっぱり有利だったかな」(勝)

勝のキャディからはこんな裏話も。「ドライバーが好調だったので、2日目まで3番ウッドを抜いて3番ユーティリティを入れていました。でも少し荒れてしまった場面もあったので、ティショットのレイアップ用にと決勝ラウンドでは3番ウッドをバッグに戻しました。ただ、ドライバーが復調したので、一度も3番ウッドを使わなかったんです(笑)」。3番ウッドについては、以前はヤマハ『RMX VD』を使っていたが、プロギア『RS JUST』にスイッチしている。

【勝みなみの優勝クラブセッティング】
1W:スリクソン ZX プロトタイプ(9.5度/ディアマナ GT 50S、45.25インチ)
3W:プロギア RS JUST(15度/ディアマナ PD 50S)
5W:スリクソン ZX(18度/ディアマナ プロトタイプ)
4,5I:スリクソン ZX5(N.S.PRO 950GH neo S)
6I〜PW:スリクソン ZX7(N.S.PRO 950GH neo S)
50,54,58度:クリーブランド RTX ZIP CORE(N.S.PRO 950GH neo X)
PT:オデッセイ O-Works #1
BALL:スリクソン Z-STAR XV

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?