83歳でゴルフ初観戦! あの飛ばし屋は祖母も体が強かった【南しずかの米ツアー情報局】

83歳でゴルフ初観戦! あの飛ばし屋は祖母も体が強かった【南しずかの米ツアー情報局】

視線の先にはおばあちゃん!(撮影:GettyImages)

渋野日向子、古江彩佳らが増えてますます盛り上がっている米国女子ツアー。日本勢の動向にも非常に注目だが、なかなか試合以外や海外勢の面白ろ話まで伝えるのはなかなか難しい部分も…。そこでツアーを長年取材している南しずか氏が“気になるネタ”をピックアップ。これを見れば米女子ツアー通になれるかも!


-----------------------

突然だが、あなたが初めてゴルフ観戦したのは、いつでしょうか?エミリー・ペダーセン(デンマーク)の祖母は、83歳!正確には、今年7月の「トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープン」で初めて“孫”の試合を観戦した。

エミリーは米ツアー5年目の26歳。おばあちゃんが初めて試合を観に来ることについて、試合前の会見では、嬉しさや不安など色々入り混じった感情を打ち明けた。

「いつも私が出場する試合をテレビを見たり、スコア速報をチェックしたり。今回は両親が付き添えることになり、初めて試合観戦が実現して、すごく嬉しいです!おばあちゃんは忘れ物しないように2週間前から旅の荷造りしていました。私の唯一の心配は、(リンクスコース特有の)強風が吹いたとき、おばあちゃんが吹き飛ばされないかどうか」

“風で吹き飛ばされるかも”と聞くと、さぞかし小柄な女性なんだろうと勝手に想像したが推定165センチ以上の元気な方だった。付き添いのエミリーのご両親は余裕で170センチを超えている。さすが平均身長が世界トップ5に入るデンマーク。もし強風で飛ばされるとしたら、155.6センチの私が最初に飛ばされるに違いない。

大会3日目、エミリーの試合を観戦するおばあちゃんに「楽しいですか?」と尋ねたら、「うんうん」と頷いてくれました。付き添ってるエミリーの母親いわく「折りたたみ椅子に時々座って休憩するけど、毎日18ホール歩いているのよー」とのこと。2日目の途中でゲリラ豪雨も乗り切ったという。ラウンド中の選手達は自主的にプレーを一時中断せざるを得なかった程の大雨。それでも、おばあちゃんはクラブハウスへ避難することなく、傘をさして乗り切った。

おばあちゃんパワーに後押しされたのか、エミリーは予選ラウンドを突破し、65位に入った。「4日間、歩いて観戦できる体力があるって、それだけで素敵なこと」と試合期間中の会見でエミリーは祖母を讃えた。ペダーセン一家の一大イベントが無事に終わり、こちらまで微笑ましい気持ちになりました。(取材・文:南しずか)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?