渋野日向子は昨年優勝大会ではなく米ツアーに出場 国内男子はポイント制で競う新規大会【今週の主要大会】

渋野日向子は昨年優勝大会ではなく米ツアーに出場 国内男子はポイント制で競う新規大会【今週の主要大会】

渋野日向子は昨年優勝大会ではなく米ツアーを選択(撮影:ALBA)

米国女子ツアーはいよいよいよいよアジアシリーズ前最後の戦い。一方、国内男子ツアーは選手会主催のポイント制で争う新規大会が行われる。10月に入り各ツアーも終盤戦。ランキング争いに出場権争いにと今週も目が離せない。


■米国女子「LPGAメディヒール選手権」(6日〜9日、米カリフォルニア州・サティコイクラブ、賞金総額180万ドル=約2億6000万円)

8月末のカナダから始まった北米連戦も7試合目となる今大会で一区切り。これが終われば韓国、日本と続くアジアシリーズとなる。連戦最後はカリフォルニア州が舞台だ。

日本勢は上原彩子、渋野日向子、古江彩佳、笹生優花の4人が出場する。また、今週の順位次第で世界ランキング1位に浮上するルーキーのアッタヤ・ティティクル(タイ)もエントリー。頂点に立つことはできるのか。

■国内女子ツアー「スタンレーレディスホンダゴルフトーナメント」(7日〜9日、静岡県・東名カントリークラブ、賞金総額1億2000万円)

アップダウンの激しい東名カントリークラブで行われる伝統の一戦は今年から特別協賛に本田技研工業株式会社が付いてさらにパワーアップ。賞金総額1億2000万円、優勝賞金2160万円となった。

前週「日本女子オープン」で連覇を達成した勝みなみ、ポイントランキング1位を快走する山下美夢有、今週8日(土)が誕生日の西郷真央らがエントリー。スタンレー電気所属の金田久美子、斉藤愛璃、ホンダ所属の岩井明愛、岩井千怜といったホステス勢も気合いが入っている。

なお、昨年覇者の渋野日向子は米ツアーに出場するためエントリーしていない。

■国内男子「For The Players By The Players」(6日〜9日、群馬県・THE RAYSUM、賞金総額5000万円)

日本ゴルフツアー機構主催、ジャパンゴルフツアー選手会が共催する新規大会はポイント制で実施。各ホールの規定打数に対してパー=0点、バーディ=2点、イーグル=5点、アルバトロス=8点、ボギー=マイナス1点、ダブルボギー以上=マイナス3点の得点を設定し、その総得点を競う。

先週の「バンテリン東海クラシック」でツアー2勝目を挙げた河本力、今季国内4試合目となる小平智といった選手が珍しいフォーマットでの戦いに挑む。前週棄権した石川遼はエントリーしていない。

■米国男子「シュライナーズ・チルドレンズ・オープン」(6日〜9日、ネバダ州・TPCサマリン、賞金総額800万ドル=約11億6000万円)

米国男子ツアーの新シーズン3試合目はネバダ州で開催。昨年覇者のイム・ソンジェ(韓国)をはじめ、パトリック・キャントレー(米国)、プレジデンツカップでも話題を集めたトム・キム(韓国)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)らがエントリーしている。
日本勢は松山英樹をはじめ、1人も出場しない。

■欧州男子「スペインオープン」(6日〜9日、スペイン・クラブ・デ・カンポ・ビラ・デ・マドリード、賞金総額175万ユーロ=約2億5000万円)

聖地での戦いを終えた欧州ツアーはスペインへ。今週は情熱の国のナショナルオープンが行われる。

母国のビッグトーナメントあってジョン・ラーム(スペイン)ももちろん出場。ほかにもトミー・フリートウッド(イングランド)、ミンウー・リー(オーストラリア)といった選手が出場する。なお、日本勢は出場しない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?