ダボ以上はピックアップも可 24年ぶりのポイント制大会に宮里優作「攻めないと上位に行けない」

ダボ以上はピックアップも可 24年ぶりのポイント制大会に宮里優作「攻めないと上位に行けない」

ポイント制大会経験者の宮里優作(撮影:岩本芳弘)

<For The Players By The Players 事前情報◇5日◇THE RAYSUM(群馬県)◇7137ヤード・パー71>

日本ゴルフツアー機構(JGTO)主催、ジャパンゴルフツアー選手会が共催する新規大会が、明日6日(木)から4日間に渡って行われる。今回の目玉は従来のストローク方式ではなく、ステーブルフォード方式(別称ポイント・ターニー)を採用している点だ。普段よりもアグレッシブな選手のプレーが見られそうだ。


ステーブルフォード方式では、バーディやパーなどをポイント換算して総合点を競う。今大会はアルバトロス=8ポイント、イーグル=5ポイント、バーディ=2ポイント、パー=0ポイント、ボギー=マイナス1ポイント、ダブルボギー以上=マイナス3ポイントとなる。各ホールでダブルボギー以上が確定した時点で、ボールをピックアップすることも可能だという。

国内ツアーでは「アコムインターナショナル」が1990年から横尾要が優勝した98年大会までこの形式を採用。今大会で24年ぶりの復活となる。1999年に発足したJGTOとしては初の競技方法だ。米国男子ツアーでは「バラクーダ選手権」で採用されている。

運営するJGTOも選手もこの方式には不慣れなことが多いが、米国でポイント制を経験したことのある宮里優作は、「3バーディ・ノーボギーよりは5バーディ・2ボギーの方がポイントは高いので、結構ピンを狙っていけますよね」と話す。

3バーディ・ボギーなしと5バーディ・2ボギーでは、ストローク形式では同じ「68」でも、ポイント制にすると6ポイントと8ポイントと後者の方が高得点となる。ストロークプレーに比べて選手は大たたきを恐れずに攻めの姿勢が強くなり、アグレッシブなプレーを引き出すとともに、1ホールで大逆転もあるといったエキサイティングな展開になりやすいといわれる。

「普段通りに行けばいいと思いますけど、ある程度攻めていかないと上位には行けないと思います。メリハリをつけていかないと。この方式は選手のスキルアップにつながると思います」と宮里が言うように、上位進出のカギは攻めの姿勢。男子プロならではの豪快なゴルフの見せ場だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?