「来年はグランドスラム達成を」 チョン・インジが肩の炎症から2カ月半ぶり復帰

「来年はグランドスラム達成を」 チョン・インジが肩の炎症から2カ月半ぶり復帰

心身ともに充実 チョン・インジが復帰戦で好スタート(撮影:GettyImages)

<ペリカン女子選手権 2日目◇11日◇ペリカンGC(米フロリダ州)◇6341ヤード・パー70>

今年の6月に行われた「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」で海外メジャー3勝目を果たしたチョン・インジ(韓国)。その後「AIG女子オープン」(全英)でもプレーオフのすえに2位に入り“メジャーハンター”の異名通りの活躍を見せていたが、肩の炎症で8月末から戦線離脱を余儀なくされた。ようやく戻ってきた今週の「ペリカン女子選手権」では、4アンダー・13位タイの好スタートを切った。


8月末以来の米国女子ツアー出場で、強さを見せた。「全米女子オープン」、「エビアン選手権」に続くメジャー3勝目を挙げて好調をキープしていたが、いきなりの離脱。2カ月間、韓国でじっくりと体を休めてきた。その甲斐あって、残り2戦となった今季のフィナーレで存在感を見せようしている。

「ツアーを離れて最初の4週間は、医者に休めと言われたのでクラブを握らなかった」と治癒に専念。その後はトレーニングを再開して、ようやく戦いの舞台に戻ってきた。「趣味の絵描きも肩にプレッシャーをかけると思って控えたの」と、とにかく4週間は安静にした。そうして戻った今大会。「プレッシャーもあるけど、リフレッシュできた感じが大きい」と心も体も新鮮そのものだという。

KPMGでの優勝が4年ぶりのツアーV。「今年の目標は勝つことだったので、それは達成できたけど、とても忙しい1年だった。いまは、この勢いを持続させて、来年はもしかしたらグランドスラムを達成するとか、そういうことも考えたい」と、すっかり気持ちも前向きだ。

今週もまだ2日間を残すが、次週の最終戦は優勝賞金200万ドル(約2億9000万円)のビッグトーナメント。女子の5大メジャー制覇までは「シェブロン選手権」と全英を残すのみ。まずは今週、そして来週の最終戦で再び弾みをつけて、2023年シーズンでの偉業達成を実現させる構えだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?