比嘉一貴が賞金王戴冠に向け単独首位で最終日へ ドライバーに不安も雨が手助け

比嘉一貴が賞金王戴冠に向け単独首位で最終日へ ドライバーに不安も雨が手助け

比嘉一貴がシーズン4勝目に王手(撮影:米山聡明)

<ダンロップフェニックス 3日目◇19日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7042ヤード・パー71>

今季3勝を挙げ、賞金ランキング1位を走る比嘉一貴が、憧れの大会での初優勝と賞金王戴冠に近づく一日となった。首位と3打差の3位タイから出たこの日は、一日中雨が降るなか、6バーディ・ボギーなしの「65」でラウンド。トータル14アンダーまで伸ばして2位に2打差の単独首位に立った。


日本オープンで2位に入って以後3戦は、20位前後の試合が続いている。「ティショットに不安がある。ウェッジからフェアウェイウッドまではいいんですけど、ドライバーだけが…」原因はわからず今週もその不安はぬぐえていない。

この日は雨で地面がやわらかくなったことが救いだった。「曲げてもランが出ないからラフや林に入らない。硬いフェアウェイだったらラフ、なんなら林まで転がっていると思う」。悪天候がプラスに働き、この日のフェアウェイキープ率は71.429パーセント(出場選手中4位タイ)と3日間で最もフェアウェイをとらえた。

ランが出ない分、ドライバーの飛距離は落ちて2打目で握るクラブは前日までより長くなった。「3日間安定している」という不安のないアイアンショットが冴え、「バーディパットが(多く)打てたので、ノーボギーにつながりスコアを伸ばせました」と、2打目以降は賞金レースを引っ張る比嘉らしいプレーを見せた。

10歳でゴルフを始めた比嘉はこの大会に影響を受けた。「ゴルフをはじめて、プロのトーナメント中継を見て、すごく楽しいなって思ったのがこの試合。タイガー・ウッズが出ていて魅了された憧れの舞台」と目を輝かせる。「プロになってから勝ちたい試合の1つ。世界中のレジェンドが(歴代)チャンピオンにいるので、その中に僕も入りたいと強く思う」と意気込む。

今大会の優勝賞金4000万円を加算できれば、賞金王レースも大きくリードできる。現在賞金ランキング2位の星野陸也との差は、約3991万円。比嘉が優勝した場合、今大会の成績次第だが追いかける選手は1〜2名ほどに絞られ、残り2戦で2連勝が最低条件と厳しいものになる。

「明日は天気が回復すると思いますが、(今日の雨で)グリーンはやわらかいと思います。追いかける選手はビッグスコアが出ると思うので、伸ばさないと勝てない。(トータル)20アンダーを目指します」。子供の頃からの憧れの舞台でビッグタイトルに近づきたい。(文・小高拓)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?