主要ツアー、メジャー大会のトップがついに集結 「LIVゴルフ」について話し合い

主要ツアー、メジャー大会のトップがついに集結 「LIVゴルフ」について話し合い

R&Aのスランバース会長らが話し合い(撮影:GettyImages)

12月10日、男子ゴルフの世界主要ツアー、メジャー大会のトップがフロリダ州に集結する。

" url="https://www.alba.co.jp/tour/news/photo_detail/no=190364/ph=1?cat=2">
TVイベントの「ザ・マッチ」の会場、米フロリダ州タンパ郊外のペリカンGC、そこにPGAツアーのジェイ・モナハン会長、DPワールド(欧州)ツアーのキース・ペリー会長に加え、「全英オープン」を主催するR&Aの最高責任者のマーティン・スランバース氏、「全米オープン」を主催するUSGA(全米ゴルフ協会)のマイク・ワン会長、「全米プロゴルフ選手権」を開催するPGA・オブ・アメリカのセス・ワーグ会長が集まると英テレグラフ紙のテレグラフ・スポーツが伝えている。現時点ではオーガスタ・ナショナルGCのフレッド・リドリー会長が出席するかは不明とした。

彼らトップが集まるのは、タイガー・ウッズ(米国)とローリー・マキロイ(北アイルランド)がペアを組み、ジャスティン・トーマスとジョーダン・スピース(ともに米国)を相手に戦うマッチを観戦するためではない。今年初年度を迎えすでに8大会を開催した、サウジアラビアが潤沢なオイルマネーでバックアップする超高額賞金リーグ、「LIVゴルフ」への対応を話し合うためだ。

現在、LIVゴルフのCEOを務めるグレッグ・ノーマン(オーストラリア)はまもなく2023年度のスケジュールを発表する予定で、来季は2月のメキシコ大会を皮切りに14大会が行われル予定。キャメロン・スミス(オーストラリア)、ダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカ、フィル・ミケルソン(いずれも米国)らに続き、さらにトップ選手がLIVゴルフに参戦すると噂されている。

「ザ・マッチ」に出場するタイガーとマキロイは反LIVゴルフの急先鋒として声を挙げてきており、8月にはタイガーが中心となりPGAツアーのトップ選手を集めた“ミーティング”が行われた。

もっとも注目されるのはメジャー大会のLIVゴルフへの対応で、すでにR&Aのスランバース会長は「ジ・オープンはオープン競技。LIVゴルフ参戦の選手を出場禁止にはしない」と明言しているが、今後世界ランキングなどによる同大会の出場資格の変更が可能性として残されており、それは全米オープンも同じ条件と見られている。

世界ランキング1位に返り咲いたマキロイは「ノーマンがCEOを退かないと、ツアートップは話し合いを持てない」と退陣を要求していたが、一方で「最終的にはツアートップが決めること」とも話している。

LIVゴルフに出場した選手はPGAツアーからメンバーを抹消されて出場不可。一方でDPワールド(欧州)ツアーは裁判の結論がでるまで出場可となっている。今回の会合で話し合われる内容が注目を集めることになりそうだ(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

  • 記事にコメントを書いてみませんか?