河本結は「舞台に立てるように準備を」 QTのカギは“最終日のバックナイン”

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 河本結は昨季52位で前半戦出場権を獲得したが、今季はシード復活ならずQTから出場する。
  • 初日は2アンダーの6位タイで滑り出したものの、最近は調子が崩れているという。
  • 大事になるのは最終日のバックナインでの体力。地元大会では多くの声援に感謝し、自分の責任を持って良いプレーを見せたいと語った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

河本結は「舞台に立てるように準備を」 QTのカギは“最終日のバックナイン”

河本結は2年ぶりにQTに出場している。初日は2アンダー・6位タイ発進(撮影:福田文平)

<JLPGA ファイナルQT 初日◇28日◇葛城ゴルフ倶楽部宇刈コース(静岡県)◇6421ヤード・パー72>

昨季はメルセデス・ランキング52位で前半戦出場権を獲得した河本結は、今季シード復活とはならず。QTはファーストから出場。順当にファイナルへと進み、初日は2アンダーの6位タイで滑り出した。


地元・愛媛県での今季最終戦「大王製紙エリエールレディス」で日曜日まで戦い抜くと、ファーストステージの埼玉(A地区)へ移動。そして今週は葛城でのファイナルQTとタフな連戦が続いてるが、「体はそんなに疲れは感じていない。残り3日間なのでそこでベストを尽くせるように」と見据えていく。

最近の調子については「崩しまくっているけど、どうにか耐えている感じ」と本調子とは言えなさそう。最大瞬間風速17.5m/sの風には翻弄されたが、「8番アイアンでの良いショットが100ヤードしか飛ばなくてバンカー目玉。でもそういうのがあってこそゴルフだなと思うし、楽しいと思う」と前向きに18ホールをプレーしていくことができた。

大王製紙エリエールレディスでは、地元のファンからの声援をたくさんもらった。今季は31試合のうち予選通過は12試合のみと低迷する結果になったが、「この世界は自分で自分のやったことに責任を取らないといけない。応援してくれているので良いプレーを届けられるように、その舞台に立てるように準備をしたい」と力強く話す。

72ホールの戦いで大事になるのは、ラスト9ホールでのスパート。「4日目のバックナインで勝負できる体力が残っていないとダメ。ショットの調子というよりは体力を温存していきたい」と、まずは体調第一で、さらに上を目指していく。(文・笠井あかり)


<ゴルフ情報ALBA Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?