復帰のタイガー、新ドライバーは未発表『Qi10 LS』と『Tour AD VF』!?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • タイガー・ウッズが8か月ぶりに実戦復帰し、新しいテーラーメイドの未発表ドライバーおよび新しいシャフトを使用した。
  • タイガーは練習ラウンドで『Qi10 LS』ドライバーと『Tour AD VF』シャフトを装着し、久々にグラファイトデザインのシャフトに戻った。
  • 新ドライバーや新シャフトの性能がタイガーのプレーにどのような影響を及ぼすのか、注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

復帰のタイガー、新ドライバーは未発表『Qi10 LS』と『Tour AD VF』!?

1Wはヘッドもシャフトも一新!タイガーカラーの『Tour AD VF』にも注目(GettyImages)

<ヒーローワールドチャレンジ 事前情報◇28日◇アルバニー(バハマ)◇7449ヤード・パー72>
 
「マスターズ」の最終日以来、自身がホストを務める米ツアー「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で約8か月ぶりの実戦復帰を果たすタイガー・ウッズ(米国)。幾度の怪我から復活してきたスーパーレジェンドが、どんなプレーを見せてくれるのか、世界中のゴルファーの注目を集める。


練習ラウンドでは、使用ギアにも大きな変化が見て取れた。それが、契約するテーラーメイドの未発表の新作と見られる、『Qi10 LS』ドライバーだ。(復帰前はステルスプラス)既に欧州ツアー最終戦で、マキロイとフリートウッドが投入済みだが、タイガーもこの未発表モデルを投入すると見られる。
 
もう一つの大きなギア変更は、赤いドライバーシャフト。復帰前までは、フジクラ『ベンタスブラック』だったが、グラファイトデザインの新作『Tour AD VF』の6Xと見られる新シャフトを装着している。タイガーは過去にオレンジ色の『Tour AD DI』を長く使用していたが、久々のグラファイトデザインへ復帰と言えそう。
 
“進化した元調子”を標榜する『Tour AD VF』は、仲のいいジャスティン・トーマスも移行しているが、タイガーの使用は他の選手への影響を及ぼすだろうか。久々の復帰戦だが、今週は新しい『Qi10 LS』ドライバーによる飛距離だけでなく、新シャフトを含めた方向性にも注目したい。


<ゴルフ情報ALBA Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?