米シニアツアー最終予選会初日 宮本勝昌は18位タイ好発進 日本3勝のチェ・ホソンは10位タイ

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 米シニアツアー最終予選会の初日、宮本勝昌は4バーディ1ボギーの68打で18位タイからスタートした。
  • 韓国のチェ・ホソンも5バーディ1ボギーの67打で10位タイと好スタートを切った。
  • 一方、名投手ジョン・スモルツは9オーバーの76打と出遅れ、コンスタントに来季出場できるのはわずか5人前後と狭き門となっている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

米シニアツアー最終予選会初日 宮本勝昌は18位タイ好発進 日本3勝のチェ・ホソンは10位タイ

宮本勝昌は3アンダー・18位タイと上々の滑り出し(写真は三井住友VISA太平洋マスターズのもの)(撮影:上山敬太)

シニアツアーで賞金王となった51歳の宮本勝昌が挑戦する、米シニアツアー、PGAツアー・チャンピオンズの最終予選会「QTファイナルステージ」の初日が終了。4バーディ・1ボギーの「68」と上々の滑り出しで、18位タイにつけた。


1番からティオフした宮本は、バーディを奪って幸先よくスタート。5番もバーディとし勢いづいたかと思われたが、6番パー3でボギーを喫してしまう。ただ、その後は安定したプレーを見せ、後半は10番、18番でバーディを奪取。3アンダーで18位タイにつけた。

変則スイングで日本ツアー通算3勝を挙げている50歳のチェ・ホソン(韓国)も出場しており、5バーディ・1ボギーの「67」で10位タイにつけている。また、米大リーグで通算213勝154セーブで殿堂入りした名投手ジョン・スモルツ(米国)は、9オーバー・76位タイと大きく出遅れた。

なお、米シニアツアーの最終予選会は76人が挑戦し、コンスタントに来季出場できるのは、わずか5人前後という狭き門となっている。


<ゴルフ情報ALBA Net>

【関連ニュース】

  • 記事にコメントを書いてみませんか?