P・マークセンが首位堅持、羽川豊が“65”で2位浮上

P・マークセンが首位堅持、羽川豊が“65”で2位浮上

2日連続で首位をキープしたマークセン(大会事務局提供)

<コマツオープン2016 初日◇8日◇小松カントリークラブ (6,917ヤード・パー72)>

 PGAシニアツアー『コマツオープン2016』2日目の競技が終了。初日に7アンダー首位に立ったプラヤド・マークセン(タイ)が、トータル12アンダーまでスコアを伸ばし、シニアツアー2勝目に王手をかけた。


 単独2位につけたのはこの日“65”とビッグスコアで回った羽川豊。トータル10アンダーで2打差から逆転を狙う。トータル9アンダー・3位タイには高見和宏、高松厚、トータル8アンダー・5位タイにはF・ミノザ(フィリピン)、呂文徳(台湾)がつけている。

 2日目までの順位は以下のとおり。

1位:プラヤド・マークセン(-12)
2位:羽川豊(-10)
3位T:高見和宏(-9)
3位T:高松厚(-9)
5位T:F・ミノザ(-8)
5位T:呂文徳(-8)
7位T:崎山武志(-7)
7位T:金鍾徳(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>