松山英樹は5アンダー14位タイ スコア伸ばすも首位は遠のく

松山英樹は5アンダー14位タイ スコア伸ばすも首位は遠のく

第2ラウンドは1つスコアを伸ばした松山英樹(撮影:GettyImages)

<BMW選手権 2日目◇9日◇クルックド・スティックGC(7,516ヤード・パー72)>

 米国男子ツアープレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」は初日から持ち越した第1ラウンドの続きと第2ラウンドを行い、松山英樹はトータル5アンダーの14位タイでフィニッシュした。


 第1ラウンドを4アンダーの8位タイと好位置で終えた松山はINから出て12番でボギーが先行。それでも14番で約6メートルを放り込んでバーディとすると、ハーフターン直後の1番もバーディを奪ってスコアを伸ばす。しかし、その後は3番で2つ目のボギー。5番はバーディとしたものの第2ラウンドはやや足踏みを続けてホールアウトした。

 トータル14アンダーまでスコアを伸ばしたダスティン・ジョンソンとロベルト・カストロ(共に米国)が首位タイ。トータル11アンダー3位でポール・ケーシー(イングランド)が追っている。

【2日目の順位】
1位T:ダスティン・ジョンソン(-14)
1位T:ロベルト・カストロ(-14)
3位:ポール・ケーシー(-11)
4位T:J・B・ホームズ(-10)
4位T:クリス・カーク(-10)
6位T:ライアン・パーマー(-7)
6位T:マット・クーチャー(-7)
6位T:ケビン・ナ(-7)
6位T:セルヒオ・ガルシア(-7)
10位T:アダム・スコット(-6)
10位T:バッバ・ワトソン(-6)他

14位T:松山英樹(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)