鈴木愛、大逆転でメジャー2勝目!次に狙うは“世界への扉”

鈴木愛、大逆転でメジャー2勝目!次に狙うは“世界への扉”

5打差を逆転し、鈴木愛が自身2度目のメジャーVを果たした(撮影:米山聡明)

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇11日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>

 鈴木愛が積もり積もった悔しさを、メジャーの大舞台で晴らした。


 「meijiカップ」、「ニトリレディス」、「ゴルフ5レディス」、北海道で開催された3試合で首位に立って最終日を迎えたが、いずれもスコアを伸ばせずに優勝を逃してきた鈴木。この「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」では首位と5打差の10位タイからスタートした。

 鈴木が心に決めていたのは、「周りの人がどんなスコアを出そうと、私は3アンダーで回ろう」。優勝も考えず、ひたすら自分のプレーだけに集中。序盤の2番にボギーが先行したが3番で7メートルのバーディパットを決めスコアを戻すと、6番でもスコアを伸ばして折り返す。

 10番では残り126ヤードのセカンドショットを左奥3.5メートルにつけバーディ。自分の目標スコアに次第に近づいていく。しかし、13番パー3で「5位くらいだと思っていたら」優勝を狙える位置だったことに気が付いた。そこからは「ティショットもアイアンもミスが続いてパーを拾って拾って」の展開に。そして迎えた最終18番、セカンド140ヤードをフォローの風が吹く中で4.5メートルにつける。

 打つ前にボードを確認。「これを入れないと、いけない」。強い心で打ったバーディパットはカップに吸い込まれ何度も右手を上げてガッツポーズ。自分の目標どおり、この日は3アンダーでラウンド。後続組を振り切り、トータル1オーバーで大逆転優勝。自身が2年前にこの大会を制して以来、7戦連続でメジャーは海外勢が制していたが、自らの手で8連敗を阻止した。

 負けた日は母・美江さんに「もう勝てないかもしれない」と弱気な言葉をもらすこともあった。今週は高校生以来というクロスハンドで3日間パッティングをしてきたが、この日は順手に戻すなど試行錯誤を繰り返してきた。先週は優勝を逃した後、表彰式が行われる最中に1時間居残り練習。積み重ねてきたたゆまぬ努力が、2個目のメジャータイトルを連れてきてくれた。

 今季は国別対抗戦「インターナショナルクラウン」や海外メジャーに出場し、これまで以上に米国ツアーに対する思いが強くなった。「パワーも技術の引き出しの数も違う」、ハイレベルな戦いは刺激の連続だった。「挑戦してみたい。英語ができないので、会話、食事、移動、すべて大変になると思う。でも、それ以上に得られるものがあると思うんです」。

 目標を達成する一番の近道は、11月の日米共催大会「TOTOジャパンクラシック」で優勝すること。勝ったら、「来年にもいきたいですね」。世界への扉を開けるために、これからもさらに研鑽を積んでいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)