松山英樹が世界ランク2ランクダウン 3勝目D・ジョンソンは1位との差を縮める

松山英樹が世界ランク2ランクダウン 3勝目D・ジョンソンは1位との差を縮める

世界ランク18位と後退した松山英樹(撮影:GettyImages)

<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、先週行われたプレーオフ第3戦「BMW選手権」で今季3勝目をマークしたダスティン・ジョンソン(米国)は2位のままと順位に変動はなかったが、1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)との差を約1ポイント縮めた。


 今週は15位まで変動はなし。同大会、24位タイだった松山英樹は2位に入ったポール・ケーシー(イングランド)と入れ替わるかたちで2つ順位を下げて18位としている。

【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(14.17pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(11.86pt)
3位:ローリー・マキロイ(10.32pt)
4位:ジョーダン・スピース(9.99pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(9.02pt)
6位:アダム・スコット(7.40pt)
7位:バッバ・ワトソン(6.51pt)
8位:パトリック・リード(6.29pt)
9位:リッキー・ファウラー(6.06pt)
10位:ジャスティン・ローズ(5.73pt)
16位:ポール・ケーシー(4.85pt)

18位:松山英樹(4.49pt)
75位:谷原秀人(1.93pt)
100位:池田勇太(1.54pt)
130位:石川遼(1.25pt)
148位:藤本佳則(1.13pt)
149位:片山晋呉(1.12pt)
155位:宮里優作(1.06pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)