キンクミ抜く 中学1年・梶谷翼が13歳17日史上最年少女子オープン出場

キンクミ抜く 中学1年・梶谷翼が13歳17日史上最年少女子オープン出場

今年7月の世界ジュニアを制した梶谷翼(提供:国際ジュニアゴルフ育成協会)

 日本ゴルフ協会(JGA)は主催のオープン競技についての記者会見を都内で行い、各大会要項などを発表した。


 男子「日本オープン」に松山英樹、石川遼、アダム・スコット(オーストラリア)の出場を明らかにしたほか、9月29日(木)から10月2日(日)まで栃木県にある烏山城CCで開催される「日本女子オープン」にはディフェンディングチャンピオンとして世界ランキング7位のチョン・インジ(韓国)が出場することを発表した。

 また「日本女子オープン」は世界ジュニア11-12歳女子の部で優勝を果たした山陽女子中1年の梶谷翼が最終予選を通過して出場権を獲得。13歳17日での出場は金田久美子の13歳50日を更新する史上最年少出場記録となる。

 烏山城CCはメジャー開催実績も豊富な難コース。特に今大会では17番が490ヤードのパー4に設定され、パー4としては女子ツアー史上最長となる。約33ヤードの打ち下ろしのため額面通りの距離ではないが、右サイドにはクリークが流れ、グリーン手前には池があるため選手はシビアなプレーを強いられることとなりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)