ジェイソン・デイがクラブ事業撤退のナイキとアパレル契約か

ジェイソン・デイがクラブ事業撤退のナイキとアパレル契約か

この2人が同じウエアを着ることがある?(撮影:GettyImages)

 世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が、来季ナイキとアパレル、フットウェア契約を結んだことを米ゴルフメディアが一斉に報じた。報道によると1年間で約10億円で、契約年数は明らかにされていない。


 ナイキは先月3日にゴルフ用具事業から撤退することを発表し、その際今後はゴルフアパレル、フットウェアなどの事業に注力していくとしていた。かつて、タイガー・ウッズ(米国)やローリー・マキロイ(北アイルランド)ら世界ナンバー1選手を次々と獲得して事業を発展させてきたナイキはクラブから撤退してもなおゴルフ界で大きなインパクトを残そうとしている。

 デイは現在テーラーメイドと総合契約を結んでいるが、クラブなどの契約変更は今のところない見通しとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)