石川遼チーム、スクランブル方式のプロアマで驚異の全ホールバーディ!

石川遼チーム、スクランブル方式のプロアマで驚異の全ホールバーディ!

絶好調の石川遼は直ドラを披露するなど、ギャラリーを沸かせた(撮影:小路友博)

<ANAオープン 事前情報◇14日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」が明日15日(木)から、北海道の名門・札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースを舞台に開催される。この日は恒例のプロアマ戦が行われ、昨年覇者の石川遼の組が18アンダーで優勝した。


 プロアマは4人1組のチーム戦。ティショットは全員で打ち、それ以降は4人の最も良いポジションのボールを選びまたそこから4人で打っていく『スクランブル方式』で争われる。石川の組はなんと全ホールでバーディを奪取。「4人とも緊張感がハンパなかったです(笑)」とあまりにバーディが続いたことで、普段とは違う雰囲気のラウンドに。

 石川は17番パー5でチップインバーディを奪うなど、「本当に今日は神がかってました」と好プレーを連発。9番パー5ではセカンドショットで直ドラを披露するなど、ゲストやギャラリーを大いに沸かせた。

 この日は切れのいいショットを見せていたが、「今日はたまたま良かっただけかもしれません。明日は明日になってみないと分からないので」と冷静に話した石川。「良い準備をしないと」、プロアマのパーティが終った後も練習グリーンで球をコロがし続けた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)