崎山武志、マークセン、室田淳らがシニア日本一決定戦に挑む

<日本シニアオープン 事前情報◇14日◇習志野カントリークラブ キング・クイーンコース(6,938ヤード・パー72)>

 国内シニアメジャー「日本シニアオープン」が千葉県にある習志野CCで15日(木)から18日(日)まで開催される。日本一のシニアゴルファー決定戦は例年より約1か月早い日程で、男女含め3つのナショナルオープンでも最も早い開催となる。昨年大会は平石武則がトータル9アンダーで米山剛、渡辺司らを振り切りツアー初優勝を達成した。

 メジャーを彩るフィールドは豪華そのもの。日本ゴルフツアー機構会長の青木功が参戦するほか、現在賞金ランク1位の崎山武志、レギュラーツアーでも活躍し「コマツオープン」2勝目を挙げた“最強ルーキー”プラヤド・マークセン(タイ)、キング・オブ・シニアこと室田淳ら競合が顔をそろえた。もちろん倉本昌弘、中嶋常幸、井戸木鴻樹、尾崎直道らレジェンド達も虎視眈々とビッグタイトル制覇をもくろんでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)