メジャー2勝の鈴木愛、次なるターゲットは?

メジャー2勝の鈴木愛、次なるターゲットは?

残りシーズンも結果を残しつづける決意を胸に戦う鈴木愛(撮影:秋田義和)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇15日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,397ヤード・パー72)>

 先週の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で海外勢のメジャー連勝にピリオドを打った鈴木愛。今週は自身がウェア契約を結ぶ株式会社デサントが主催する「マンシングウェアレディース東海クラシック」で2週連続優勝を狙う。


 通常はすぐに次の会場に移動する鈴木だが、今週は月曜日、火曜日と完全休息に当ててリフレッシュ。指定練習日の14日(水)も移動のみと3日間クラブを握らず、激闘を制した“心地よい”疲れを取り除くことに専念した。

 そんな疲労も重なる中でも、鈴木が結果を出し続けることを意気込むには理由がある。今季の賞金ランク5位以内に入り、来年の「全米女子オープン」の出場権を掴むためだ。米ツアー挑戦を視野に入れている鈴木だが、Qスクールを受ける予定はほぼなし。「TOTOジャパン・クラシック」優勝のよる米ツアーシード獲得が最高のシナリオだが、その目標と並行して、来季の海外メジャーの切符を手中に収めたいという思惑がある。

 今季はメジャーを含む2勝を挙げたが、今後は高額賞金大会が続くため、まだまだチャレンジが続く。「今週はホステスなので最低予選通過はしたいし、ちょっとでも上に顔を出せるように頑張りたい」。メジャー制覇にも浮かれることなく上位を見据えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)