石川遼、「ゴルフの難しさ」を再確認 10番で想定外のミスが

石川遼、「ゴルフの難しさ」を再確認 10番で想定外のミスが

トータル12アンダー・単独首位で2日目を終えた石川遼(撮影:米山聡明)

<ANAオープン 2日目◇16日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の2日目。初日単独首位に立った石川遼はこの日は6バーディ・3ボギーの“69”でラウンド。スコアを3つ伸ばし、トータル12アンダー単独首位の座をキープして大会を折り返した。


 出だしの1番で4メートルを決めて“おはようバーディ”を奪うと、その後も4番で4メートルを沈めたのを皮切りに3連続バーディを奪取。9番パー5でもセカンドをグリーン脇のラフまで持っていくと3打目を1メートルに寄せ、前半だけで5つスコアを伸ばす快進撃をみせる。

 このままこの日もビッグスコアを出すかと思われたが、落とし穴は10番ホールで待っていた。ティショットの打球は左に曲がり林の中に。残り130ヤード、ラフからピッチングで放ったセカンドショットは「フライヤーしてしまい、フックをかけようとしたがかからなかった」とグリーン右奥に突き抜ける。そこから寄せきれずに今大会初のボギーを叩いてしまう。

 「自分の想定の範囲内のミスではなく、ドタバタを取り返すのに時間がかかってしまった」。10番でリズムを乱すと続く11番パー3でもボギー。14番では1つ取り返したが、16番パー3でもスコアを落とし、後半ではスコアを2つ落としてしまった。

 「自分がやるべきことをしっかりやっていれば、12アンダーというスコアではなかった」。この日は風が舞う難しいコンディションだったが、後半にスコアを落としたことには悔しさを隠さなかった石川。「一度自分の想定外なことが起きると崩れていくのがゴルフの難しいところ」、好調な石川でもこの日はすぐには立て直せなかった。

 「もう一度修正すべきところは修正して、また明日から攻めの気持ちでドンドン攻めていきたい」。“想定外”なミスはあっても、着実に連覇には前進した。開幕前から話していたが、残り2日間も“ティショットを確実に林と林の間に置いてアイアンでピンを攻める”作戦を徹底していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)