石川遼は4打差3位に後退して後半へ B・ジョーンズが単独首位

石川遼は4打差3位に後退して後半へ B・ジョーンズが単独首位

前半で1つスコアを落とし追いかける展開となった(撮影:米山聡明)

<ANAオープン 3日目◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の3日目は前半のプレーを終了し、トータル15アンダーまで伸ばしたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が単独首位に浮上した。1打差のトータル14アンダーの2位に片岡大育、単独首位から出てこの日25歳の誕生日を迎えた石川遼は前半で1つスコアを落とし、トータル11アンダーで折り返した。


 トータル10アンダーグループには今平周吾、木下陵介、W・J・リー(オーストラリア)。トータル9アンダーには歴代チャンピオンの池田勇太らがつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)