「ドン底」バースデーラウンド 石川遼は4番ダボでリズム崩す

首位の石川遼 4位タイに後退

「ドン底」バースデーラウンド 石川遼は4番ダボでリズム崩す

「ドン底」バースデーラウンド 石川遼は4番ダボでリズム崩す

4番ホールをきっかけにリズムを崩した石川遼(撮影:米山聡明)

<ANAオープン 3日目◇17日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 大会連覇へ向けて予選ラウンドを首位で終えた石川遼。この日は25歳の誕生日だったが、5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーとスコアを伸ばすことができず、トータル12アンダーでフィニッシュ。首位のブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と4打差の4位タイに後退した。


 出だしの1番では幸先良くバーディを奪ったが、リズムを崩したのは4番。ティショットを右の林に入れ、残り140ヤードのセカンドショットが残る。ライはベアグランド、9番アイアンで木の上からフックをかけてグリーンを狙ったショットは、ボールとの間に枯葉が挟まってフライヤーして右奥にこぼれる。ここもライはベアグランド。ラフにワンクッション入れて寄せようとしたが、ボールはバンカーに落ちた。

 ミスショットを「取り戻そうと完璧ばかりを求めてしまった」とこのホールは4オン2パットのダブルボギー。その後は粘りのプレーでスコアを1つ伸ばし、なんとかこの日イーブンにまとめたが、同組のジョーンズら上位陣が伸ばす中で痛恨の足踏みとなった。

 この日を振り返っては「ドン底ですね。このゴルフを続けていたら1年意味がないです。ドン底と言いましたが、もっと悪くならないようにしないと」25歳の初ラウンドに厳しい評価。CAから花束を渡されるセレモニー中は笑顔を見せたが、自身のラウンドに対してはもちろん納得ができるはずもなかった。

 しかし、競技はまだ終ってはいない。「3連続バーディが1回2回は必要かなと。優勝するには20アンダーは必要だと思う」と最終日を見据えた石川。自らが決めた高い目標を見上げながら、連覇を最後まで諦めることなくプレーを続ける。

【3日目の順位】
1位T:ブレンダン・ジョーンズ(-16)
2位:片岡大育(-14)
3位:今平周吾(-13)
4位T:石川遼(-12)
4位T:池田勇太(-12)
6位T:木下陵介(-11)
6位T:イ・キョンフン(-11)
8位T:I・J・ジャン(-10)
8位T:ソン・ヨンハン(-10)
10位T:小平智(-9)
10位T:武藤俊憲(-9)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)