また新たな韓流美女 20歳のオ・ジヒョンは日本ツアーに興味津々

また新たな韓流美女 20歳のオ・ジヒョンは日本ツアーに興味津々

この日8つスコアを伸ばしたオ・ジヒョン 日本ツアー参戦は?(撮影:秋田義和)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 2日目◇17日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,397ヤード・パー72)>

 毎年、主催のデサントのグループ会社と契約を結ぶ各国の選手が参戦する「マンシングウェアレディース東海クラシック」。今年、主催者推薦で出場しているオ・ジヒョン(韓国)が2日目に8バーディ・ノーボギーの大爆発でトータル6アンダーの16位タイに浮上した。


 ジヒョンは1996年生まれの20歳。父の勧めで13歳からゴルフを始めると、17歳でナショナルチームに選ばれるなどすぐに才能を発揮した。プロ転向後、韓国ツアーで今季1勝を含む通算2勝を挙げており、現在賞金ランクは10位。また、すらりと伸びる長い脚をはじめとしたルックスも魅力で、母国ではすでに人気を獲得している。

 以前にアマチュア大会「ネイバーズトロフィーチーム選手権」で日本に来たことはあったが、日本ツアーに参戦するのは今大会が初。コースや環境の違いによる戸惑いもあり、昨日は「自信なくプレーしていた」と2オーバーを叩いたが、「最後の日になると思って後悔しないように打とうと」とパッティングの姿勢を改めると、この日は自己ベストタイとなる“64”を異国の地で叩きだした。

 「日本の試合はツアー全体の選手に対する配慮が素晴らしいですし、ギャラリーのマナーも素晴らしいです。学ばなければいけない部分がたくさんあるように感じました」。まだ2日間を終えたところだが「今週の試合を通じて、80〜90%くらい日本に挑戦したい気持ちが沸きました」。

 憧れの存在である全美貞(韓国)の存在も日本ツアーへの参戦意欲を掻き立てる。「小さいころから見ていてとても大好きな選手。一緒に回ったことはないですが、とてもかっこいい」。残念ながら目標の人は異次元のプレーで遥か前を走っており同組にはなれなかったが、同じ舞台に立てているだけでも心地良い。ちなみに一番好きな日本食は「今週も食べました」というお寿司。イ・ボミ(韓国)同様にウナギも好物の1つだという。最終日はそのボミと同組でスタートする。

【2日目の順位】
1位:テレサ・ルー(-16)
2位:全美貞(-16)
3位:成田美寿々(-12)
4位:キム・ハヌル(-10)
5位T:飯島茜(-9)
5位T:永峰咲希(-9)
5位T:フェービー・ヤオ(-9)
8位T:豊永志帆(-8)
8位T:服部真夕(-8)
10位T:上田桃子(-7)
10位T:藤田光里(-7)
10位T:比嘉真美子(-7)
10位T:前田陽子(-7)
10位T:酒井美紀(-7)
10位T:笠りつ子(-7)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)