幾多の困難を乗越え…因縁の地でブレンダン・ジョーンズが復活V!

幾多の困難を乗越え…因縁の地でブレンダン・ジョーンズが復活V!

最終ホール、優勝を決めたB・ジョーンズは高らかに両手を天に突き出した(撮影:米山聡明)

<ANAオープン 最終日◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の最終日。首位から出たブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)がこの日2つスコアを伸ばし、トータル18アンダーで3年ぶりとなるツアー通算14勝目を挙げた。


 13年のこの大会2日目、15番のラフで左手首の靭帯を痛めてしまったジョーンズ。その年の11月に手術を受けるも治らず、14年の5月には2回目の手術を受け約1年間まともにプレーできなかった。その間に若い選手たちもメキメキと力をつけ、これまで13勝を挙げてきた“相棒”長尺パターもアンカリング規正で今年から使えなくなった。

 昨年はプライベートで「自分の過去のマネジメント会社の税金未納問題や、母親の健康問題もあって、大変な1年。ゴルフに集中できなかった」。オーストラリアの税務署に追徴課税もかけられ、約1億5千万を払うことに。しかも、母のマーガレットさんは脳腫瘍と肺癌という深刻な病気に。不幸が重なった。毎年のように勝ち星を積み上げ、日本ツアーの外国人選手では生涯獲得賞金No.1の実力者も「もう勝てないのではないか」と思ってしまう日々が続いた。

 だが、「両方とも今は解決して、今年はコースにいるのがハッピーになった」。プライベートのごたごたを片付け、やっとゴルフができる環境が整った。今月は自分のプレーに手ごたえを感じていたが、「予選は良くても週末にうまくできず、平均的な順位」が続いた。フラストレーションが溜まる日々だったが、昨年よりも気持ちは前向きになり、「今週ですべて変わった。ショットもパットもすべて良かった。ファンタスティックな気分だ」。自分のプレーに完全に自信を取り戻すことができた。

 特に大きな自身になったのが「ショートパターでも勝てることを証明した」こと。「ゴルフもいい状態に戻ってきている。また次も15、16勝としたい。年をとり自分の時代は終ってしまったかもと思うときもあるが、また先を目指していきたい」。幾多の困難を乗越えて因縁の地での復活優勝、強いBJが日本ツアーにようやく帰ってきた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)