鈴木愛がホステス大会で貫録のトップ5 苦手の雨克服法にスポンサーも大喜び?!

鈴木愛がホステス大会で貫録のトップ5 苦手の雨克服法にスポンサーも大喜び?!

“65”のハイスコアでフィニッシュした鈴木愛 純白のウェアは今日が初お披露目(撮影:秋田義和)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇18日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,397ヤード・パー72)>

 株式会社デサントが主催する「マンシングウェアレディース東海クラシック」最終日。同社とウェア契約を結ぶ鈴木愛が7バーディ・ノーボギーのプレーで21位タイから4位タイに大きくジャンプアップ。ホステス大会の最終日を彩った。


 トータル5アンダーの21位から出た鈴木は、10アンダーを目指してティオフ。前半でスコアを3つ伸ばすと後半は「14番以外はチャンスだった」とショットがキレキレ。4つのバーディを重ねて終わって見ればトータル12アンダーと目標よりも2つ上回り、笑顔のホールアウトとなった。

 苦手の悪天候の中でも圧巻のプレーを見せられたのにはある秘密が。それは合羽を着ないでプレーしたこと。結構な雨が降る時間帯もあったが「このくらいの雨なら大丈夫」と常々動きにくて嫌、と言っている合羽を着なかったことも今日のスコアにつながった。加えて、今日のウェアは試合で初お披露目。意図したものではないにしても、合羽で隠れず18ホール新しいウェアを披露できたことはスポンサーにとっても嬉しかったはずだ。

 ツアーも後半戦に入ってくる中での目標はまずは「最低でもいきたい」と話す1億円。「できれば1億2,000万円くらいいきたい」と残り試合で3,000万円加算を目指していく。「1億円越えを優勝で決めたいですね」と鈴木。今日の良い流れを来週以降に活かしていきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)