【WITB】さらなる高みへ、テレサ・ルーが“異例”のシーズン途中でギアチェンジ

【WITB】さらなる高みへ、テレサ・ルーが“異例”のシーズン途中でギアチェンジ

テレサが異例のシーズン中のギア変更に着手(撮影:秋田義和)

 「マンシングウェアレディース東海クラシック」で今季2勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)。開幕戦以来の勝利となったテレサだが、その時とはウェッジとパターに変化が見られた。


 昨季は全て同じセッティングで5勝をマーク。クラブを変更しない理由として“距離感”を挙げ、「1本1本の距離を測ったり、番手ごとのバランスを合わせるのに時間がかかる」と語っていただけに異例のシーズン中のスイッチとなった。

 そのウェッジは58度を「キャロウェイ マックダディ2」から最新モデル「マックダディ3 ミルド ウェッジ」に変更。また、昨年よりも前から愛用していたパター「オデッセイ タンククルーザー#1」を先々週から「ワークス ヴァーサ 2-Ball FANG」に。本人によると「前のが悪かったわけではないですが、フィーリングを変えたくて。今のところ良い感触」とのこと。関係者は「テレサさんの中でまっすぐ後ろに引きたいというのがあるようで、今のモデルを渡しました」と語っている。

 優勝会見で「まだまだ上手くなりたい。ボギーを減らして、平均ストロークを60台にしたい」と語っていたテレサ。“悪くない”から“良いもの”へ。ギアも見直して、さらなる高みを目指していく。

【テレサ・ルーのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
D:キャロウェイ BIG BERTHA ALPHA 816 ダブルダイヤモンド
(9度/シャフト:フジクラ Motore Speeder 569/S/46インチ)
FW:キャロウェイ X2HOT フェアウェイウッド (15度)
UT:キャロウェイ レガシーブラック ユーティリティ (20度、23度)
I:キャロウェイ APEX PRO アイアン (16年) (5I〜PW)
W:キャロウェイ MD2 ウェッジ (50度、54度)
W:キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジ (58度)
P:オデッセイ ワークス ヴァーサ 2-Ball FANG
B:キャロウェイ クロムツアー ボール

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)