香妻琴乃、韓国勢実力者揃いのなかホステス優勝なるか!?

香妻琴乃、韓国勢実力者揃いのなかホステス優勝なるか!?

首位の申ジエとは2打差 香妻琴乃はホステス大会で初優勝を飾れるか(撮影:標英俊)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2日目◇24日◇利府ゴルフ倶楽部(6,551ヤード・パー72)>

 宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開催されている国内女子ツアー『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント』は予選ラウンドが終了。初日7アンダー単独首位にたった香妻琴乃は2つスコアを伸ばしたものの、2位に後退。変わって首位に躍り出たのは申ジエ(韓国)。“65”で一気にトータル11アンダーまで伸ばし、2010年以来の参戦大会で今季3勝目に王手をかけた。


 単独3位にはトータル8アンダーの李知姫(韓国)。4位タイグループには地元・東北高校出身の木戸愛、現在賞金ランク2位につける今季好調の笠りつ子、今季2勝目を狙うキム・ハヌル(韓国)が並んでいる。

 ジエは2日連続ボギーなしの快走で「すごく安定したプレーでショットもいいし、パッティングの感覚もいい。明日が楽しみです」と最終日に逃げ切り優勝の自信は十分。

 だが追いかける選手も逆転優勝への気持ちは強く、ホステス大会での初優勝を狙う香妻は「スコアを伸ばそうとすると力が入りすぎてしまうことが多いので、数字を気にせずに1ホールごとのマネジメントをしっかりやっていきたい。自分のプレーに集中して、終わってみたら優勝争いだった、というプレーができれば」。今季3勝目を狙う笠りつ子も「上ばかり見ていると自分のプレーが出来ないのでまずは自分のプレーを。強い気持ちで戦います」と意気込む。

 知姫が「明日はベストのスコアを出さないと優勝できない」と話すなど、ジエの壁は厚く、チャンスが残されているのは4打差・4位タイグループまでの可能性が高いだけに、香妻、笠、木戸ら日本勢は前半からの猛チャージが求められる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)