昨年覇者はさらにパワーアップして凱旋 日本最強女子を決める戦いがいよいよ開幕!

昨年覇者はさらにパワーアップして凱旋 日本最強女子を決める戦いがいよいよ開幕!

昨年は薄暮の激闘を制したインジが今年も優勝候補だ!(撮影:福田文平)

 29日(木)に「日本女子オープンゴルフ選手権競技」が開幕。今年は栃木県にある烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コースを舞台に日本一の座が争われる。


 昨年、菊地絵理香と李美香(韓国)との三つ巴のプレーオフを制して日本2つ目のメジャータイトルを獲得したチョン・インジ(韓国)が今年も参戦。今年は米国を主戦場にリオ五輪出場、さらに今月行われた海外メジャー最終戦「エビアン選手権」を制しての堂々凱旋。強敵の中でもまれてさらにパワーアップした最強女子大生が今年も優勝候補筆頭だ。

 そのメジャー覇者を賞金ランク1位を走るイ・ボミ(韓国)、自身初の1億円を突破した笠りつ子ら日本ツアー勢が迎え撃つ。中でも前回の国内メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で海外勢の連勝を7で止めた鈴木愛は、最近5試合すべてでベスト10、優勝1回と絶好調。ストップ・インジの最右翼といえるだろう。

 その他、2010年、2013年と2度今大会を制している宮里美香、ツアーに本格復帰した2007年の覇者・諸見里しのぶも出場予定。過去男女含めメジャー大会が3度行われた名匠井上誠一設計の難コースを攻略し、日本一の座を手にするのは。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)