チョン・インジと共に2年連続参戦 李美香って誰だ?!

チョン・インジと共に2年連続参戦 李美香って誰だ?!

23歳と若いが欧州ツアーでも優勝している実力派 ルックスにも定評がある(撮影:福田文平)

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 事前情報◇27日◇烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース(6,506ヤード・パー71)>

 海外メジャー最終戦「エビアン選手権」を制したチョン・インジ(韓国)の参戦に沸く「日本女子オープン」。そのインジ、そして菊地絵理香と昨年プレーオフで争った李美香(イ・ミヒャン。韓国)も2年連続で出場する。


 美香は1993年生まれの23歳で、2011年にプロ転向。そして2014年の2月に欧州女子ツアー「ニュージーランドオープン」を制すると、同年の11月に行われた「ミズノクラシック」で香妻琴乃、イルヒー・リーとの雨中のプレーオフを制し、米参戦3年目にしてツアー初優勝を挙げた。

 そんな美香は昨年主催者推薦で今大会に出場。3日目を終えては6位だったが、最終日に2つ伸ばし菊地、インジとのプレーオフに持ち込んだ。結果的に敗れはしたが、「前年度の当大会の成績上位15名」に入り今年の出場権を得て、再び惜敗の地へと帰ってきた。

 自身の語る一番のストロングポイントは「自信を持ってプレーできること」と美香。ちなみに漢字表記が「宮里美香」と同じ名前とあって、ツアー仲間の宮里藍や上原彩子からは「ミカ」と呼ばれている。

 今シーズンはまだ優勝はないが、今月上旬に行われた「マニュライフLPGAクラシック」で2位に入るなど調子は上向き。インジだけでなく米ツアーから来たもう1人の刺客にも注目だ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)