昨年覇者ヒョンソンは昨年POを戦った片山らと同組に、池田はアマ今野&塚田と

昨年覇者ヒョンソンは昨年POを戦った片山らと同組に、池田はアマ今野&塚田と

昨年はヒョンソンが混戦を制した(撮影:岩本芳弘)

<トップ杯東海クラシック 事前情報◇27日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>

 今年で47回目の開催となる伝統の一戦、「トップ杯東海クラシック」が愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースを舞台に29日(木)から4日間の日程で開催される。昨年から愛知県でOA機器からセキュリティシステム、Webサイト制作などを請け負う“会社を元気にする会社”株式会社トップが冠スポンサーとなっている。


 昨年は韓国のイケメンプロ、キム・ヒョンソンが優勝。3日目が終わり、首位に池田勇太、1打差に片山晋呉や石川遼らが名を連ねる中でヒョンソンは最終日“66”をマーク。トータル12アンダーで片山とのプレーオフに持込み、2ホール目にバーディを奪い見事に13年のこの大会の覇者を打ち破った。

 この日はペアリングが発表されヒョンソンは片山、賞金ランク首位を走る谷原秀人と同組に。この大会で過去4度のトップ5フィニッシュをしている池田勇太はアマチュアの今野大喜と塚田陽亮と、米ツアーの入れ替え戦から強行スケジュールでこの大会に出場する岩田寛は川村昌弘、星野英正と予選ラウンドを戦うこととなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)