2008年以来の勝利へ 米国選抜が5ポイント獲得でリード

2008年以来の勝利へ 米国選抜が5ポイント獲得でリード

2008年以来の勝利へ まずは米国がリード(撮影:GettyImages)

<ライダーカップ 初日◇1日◇ヘーゼルティン・ナショナルゴルフクラブ>

 米国と欧州の対抗戦「ライダーカップ」が米国ミネソタ州にあるヘーゼルティンGCで幕を開けた。この日は午前中に1つのボールを交互に打つフォアサムダブルス、午後に2人がホールアウトまでプレーしてベストスコアを採用するフォアボールダブルスそれぞれ4マッチが行われ、地元で2008年以来の勝利を狙う米国選抜が5対3でリードした。


 午前中のフォアサムダブルスでは米国が欧州を“スイープ”。ダスティン・ジョンソン、マット・クーチャー組がリー・ウェストウッド、トーマス・ピータース組を5&4の大差でやぶったのを皮切りに、ジミー・ウォーカー、ザック・ジョンソンがセルヒオ・ガルシア組を撃破。フィル・ミケルソン、リッキー・ファウラー組がローリー・マキロイ組を1UPの接戦で退けると、ジョーダン・スピース、パトリック・リード組がジャスティン・ローズ、ヘンリック・ステンソンのメダリストコンビをくだして4ポイントをチームにもたらした。

 しかし、午後のフォアボールダブルスは欧州チームが逆襲。ローズ、ステンソンのメダリストタッグがスピース組を大差でやぶると、セルヒオ・ガルシア、ラファエル・カブレラベロ―のスペインタッグがJ・B・ホームズ組を退けた。さらにローリー・マキロイ、トーマス・ピータース組も勝利。米国選抜はブラント・スネデカー、ブルックス・ケプカ組が1ポイントを挙げたのみだった。

【初日の結果】
米国5 - 3欧州

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)