自己最多タイ9バーディのチョン・インジ、爆発の裏に“慌てて駆け付けた”コーチの存在

自己最多タイ9バーディのチョン・インジ、爆発の裏に“慌てて駆け付けた”コーチの存在

66でやっと本来の力を見せたチョン・インジ(撮影:上山敬太)

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇1日◇烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース(6,506ヤード・パー71)>

 “メジャーの女神”がようやくお目覚め。『日本女子オープン』3日目、昨年覇者のチョン・インジ(韓国)が9バーディ・4ボギー“66”の大暴れ。一気に首位と5打差まで詰め寄った。


 優勝争いに残るため、ムービングデーでベストスコアを叩きだしてきたインジ。3番パー5で10cmのチャンスにつけて、バーディ先行となると前半だけでさらに3つ重ねてハーフターン。バックナインでは12番からの3連続を含む5つのバーディを奪い、トータルイーブンまでスコアを戻した。

 爆発の要因は、2日目まで苦しんだショットの修正。ラウンド後、「(成績が)良かったら行くよ、と言っていたコーチが逆の理由で来てくれて(笑)」と急遽駆け付けたパク・ウォン氏と日が暮れるまで打ち込んだ。

 オーバー気味になるトップ、手首を返すタイミングのズレといった悪クセに加え、アドレス時の下半身のバランスなど修正ポイントは多岐にわたり、普段は効率的に練習をするタイプのインジだが、練習場がクローズになるまでクラブを振り続けた。

 上位陣は伸ばしあぐねたことで、気づけば優勝に手が届く位置で最終日へ。来日時に立てた「今大会で良い成績を上げてリコーカップに出たい」という目標も現実味を帯びてきた。

 「“自分のゴルフをすれば結果もついてくる”くらいの軽い気持ちでやりたい」。最強の刺客が国内メジャー3勝目を手にしてしまうのか。

【3日目の順位】
1位:長野未祈(-5)
2位T:堀琴音(-3)
2位T:柏原明日架(-3)
4位:申ジエ(-2)
5位T:飯島茜(-1)
5位T:下川めぐみ(-1)
5位T:服部真夕(-1)
5位T:松森彩夏(-1)
5位T:李知姫(-1)
5位T:畑岡奈紗(-1)
11位T:チョン・インジ(E)ほか

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)