「上手く切り替えられた」昨年惜敗の柏原明日架、カムバックに成長を実感

「上手く切り替えられた」昨年惜敗の柏原明日架、カムバックに成長を実感

首位と2打差・2位タイで最終日を迎える柏原(撮影:上山敬太)

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 3日目◇1日◇烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コース(6,506ヤード・パー71)>

 昨年最終日まで優勝争いに加わるも、17番パー3のティショットを池に入れて悔しい思いをした柏原明日架。あれから1年、首位と2打差トータル3アンダー・2位タイとリベンジのチャンスを迎えた。


 「前半流れが良くなかった」とノーバーディで9ホールが終了。去年までならズルズルと崩れるところだったと自身で振りかえるが、この日は違った。「ハーフターンでほかの選手の順位を確認しながら、上手く切り替えられた」。

 10番でチップインバーディを奪うと流れを完全に手中に。難ホールが続くINコースを3バーディ・1ボギーにまとめ、最終日最終組に滑り込んだ。

 「ミスしても原因をずっと探すようなことはせず、次のプレーに集中できました。喜んでる時間、悔しがってる時間も今までの半分にして目の前のことだけを考えられた」。調子の上がらないフロントナインを1ボギーで耐えられたのも、昨年からの進化だ。

 明日はアマチュアの長野未祈と最終組で戦う。「意識は特にしません。自分のプレーに集中して戦うだけ」と柏原。まっさらな気持ちで最終日の1番ティへと向かっていく。

【3日目の順位】
1位:長野未祈(-5)
2位T:堀琴音(-3)
2位T:柏原明日架(-3)
4位:申ジエ(-2)
5位T:飯島茜(-1)
5位T:下川めぐみ(-1)
5位T:服部真夕(-1)
5位T:松森彩夏(-1)
5位T:李知姫(-1)
5位T:畑岡奈紗(-1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)