米国選抜が3ポイントリード!欧州は好調マキロイ中心に巻き返しなるか

米国選抜が3ポイントリード!欧州は好調マキロイ中心に巻き返しなるか

ベテランのミケルソンもテンション高め!米国選抜がリードのまま最終日へ(撮影:GettyImages)

<ライダーカップ 2日目◇2日◇ヘーゼルティン・ナショナルゴルフクラブ>

 米国ミネソタ州にあるヘーゼルティンナショナルGCで開催れている、米国と欧州の対抗戦「ライダーカップ」は2日目の競技を終えて、地元での2008年以来の勝利を狙う米国選抜が9.5ポイントを獲得。6.5ポイントの欧州チームに3ポイント差をつけて最終日のシングルスを迎えることとなった。


 2ポイント差で迎えたこの日は午前中の1つのボールを交互に打つフォアサムダブルスこそ1勝2敗1分で1ポイント差に詰め寄られたものの、午後のそれぞれのベストスコアを採用するフォアボールダブルスで一気に突き放した。

 ダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカがローリー・マキロイ(北アイルランド)組に敗れたものの、J・B・ホームズ、ライアン・ムーア組がリー・ウェストウッド組に勝利。さらに、フィル・ミケルソン、マット・クーチャー組もセルヒオ・ガルシア組を退けた。ジョーダン・スピース、パトリック・リード組も続き午後に3勝を挙げた。

 とはいえ、最終日はシングルス12マッチ。欧州チームはマキロイが今大会3ポイントをチームにもたらすなど好調でエース格に勢いもある。ポイントが最も動く1日となるだけに最後まで気を抜けない戦いが続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)