キム・インキョンが3打差を逆転、2010年以来の通算4勝目!

キム・インキョンが3打差を逆転、2010年以来の通算4勝目!

逆転Vを飾ったキム・インキョン(撮影:GettyImages)

<レインウッドLPGAクラシック 最終日◇2日◇レインウッドパインバレーGC(6,596ヤード・パー73)>

 中国のレインウッドパインバレーGCで開催されている米国女子ツアーアジアシリーズ第1戦『レインウッドLPGAクラシック』最終日。首位と3打差の3位タイから出たキム・インキョン(韓国)が、1イーグル・7バーディ・1ボギーの66と爆発。通算24アンダーとして逆転で優勝を飾った。


 2010年のロレーナ・オチョア招待以来、勝ち星から遠ざかっていたキム。ツアー通算4勝目は、感慨深い一戦となったはずだ。

 1打差の2位に、首位からスタートしながらも最終日は70と攻めあぐねたM.J.ハー。さらに1打差の3位にイ・ミリムと、トップ3は韓国勢が占めた。

 日本人勢は野村敏京が66をマークし、通算13アンダーまで伸ばして16位タイ。上原彩子が通算2アンダーの51位タイ、横峯さくらが通算1オーバーの60位タイで大会を終えた。

【最終日の順位】
1位:キム・インキョン(-24)
2位:M.J.ハー(-23)
3位:イ・ミリム(-22)
4位T:フォン・シャンシャン(-21)
4位T:ブルック・ヘンダーソン(-21)

16位T:野村敏京(-13)
51位T:上原彩子(-2)
60位T:横峯さくら(+1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)