柏原明日香、2年連続の悔しい結果をバネに今週へ「この現実をしっかりと受け止めないと」

柏原明日香、2年連続の悔しい結果をバネに今週へ「この現実をしっかりと受け止めないと」

柏原、この日は練習場でリラックスした様子で最終調整

<スタンレーレディスゴルフトーナメント 事前情報◇6日◇東名カントリークラブ(6,586ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「スタンレーレディス」が明日7日(金)に開幕。先週の日本女子オープンで2年連続最終日最終組に入った柏原明日香。しかし、最終日は“77”と奮わず15位タイに終った。


 昨年よりも「手ごたえはあった」という。しかし、ショットもパットも悪くない中でついた場所が難しいラインだったり不運が続いた。「運を呼び込む力がなかったですね」。調子とスコアは必ずしもリンクしない。最終日は「そのことを改めて感じた」日になった。

 しかし、いつまでも下を向いてはいられない。「昔よりアマチュアとプロの差は縮まってきている」とアマの畑岡奈紗の優勝も驚きではない。「アマに負けた。悔しいけど、この現実をしっかりと受け止めないと」、この悔しさも今後のバネにする。

 今の目標は最終戦、地元宮崎で開催されるリコーカップへの出場。優勝者か賞金ランク25位以内で出場でき、現在のランクは28位と達成は手が届くところにある。

 171センチと上背もあり、ショートゲームの技術もある。柏原のポテンシャルの高さは誰しもが認めるところ。自身の目標もしっかり見据えながら、2年連続のこの“試練”を乗越えさらなる飛躍を。畑岡をはじめ、若い選手たちも次々と実力を伸ばしてきている。これから終盤戦、真価が問われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)