P・マークセン強し!シニアメジャー連勝へ単独首位スタート

<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日◇7日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>

 国内シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」は第1ラウンドを行い、6アンダーをマークしたシニアルーキーのプラヤド・マークセン(タイ)が単独首位スタートを決めた。マークセンはメジャー初戦「日本シニアオープン」に続くシニア連勝を狙う。

 1打差の5アンダー2位タイにスティーブン・コンラン(オーストラリア)、高島康彰、増田都彦。4アンダーの5位タイに鈴木亨、川瀬順次、清水洋一、白石達哉、重信秀人が続いている。大会連覇を狙う室田淳は1アンダーの31位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)