ジェイソン・デイが腰痛によりワールドカップ欠場 日本は松山英樹、石川遼が参戦

ジェイソン・デイが腰痛によりワールドカップ欠場 日本は松山英樹、石川遼が参戦

最終戦を途中棄権し厳しい表情で引き上げるジェイソン・デイ(撮影:GettyImages)

世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が自身のSNSを更新し、「オーストラリアンオープン」と日本からは松山英樹、石川遼が出場する「ワールドカップ」と母国開催の2試合を欠場することを発表した。デイは米国男子プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」、最終戦の「ツアー選手権byコカ・コーラ」と共に腰痛により途中棄権するなど故障を抱えてシーズン終盤を過ごしていた。


デイは「この報告をしなければいけないことが悲しいけど、リハビリのために最善の決断だった。オーストラリアのファンの理解に感謝したい」というメッセージと共に欠場を知らせるテキストのファイルをアップした。

腰痛によりプレーオフでは10億円獲得のチャンスを逃し、母国での大事な2試合の欠場。ワールドカップではアダム・スコットとコンビを組んで連覇に挑む予定だった。苦しい決断が続くが、新シーズンは万全の状態で迎えることができるだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)