イ・ボミ、同組で回った畑岡奈紗を絶賛「球が強くてビックリ」

イ・ボミがアマ畑岡を絶賛

イ・ボミ、同組で回った畑岡奈紗を絶賛「球が強くてビックリ」

イ・ボミ、同組で回った畑岡奈紗を絶賛「球が強くてビックリ」

トータル2アンダー・9位タイと連覇へ上々のスタートを切ったイ・ボミ(撮影:小路友博)

<スタンレーレディスゴルフトーナメント 初日◇7日◇東名カントリークラブ(6,586ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「スタンレーレディス」が静岡県の東名カントリークラブを舞台に開幕。昨年覇者のイ・ボミ(韓国)は3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。トータル2アンダーで首位と2打差の9位タイと連覇に向け上々のスタートを切った。


 昨日話していたとおり、ショットの調子は良く「久しぶりに楽しくプレーできた」とこの日を振り返ったボミ。先週の日本女子オープンは初日終了後に棄権となっていたが、今週は体調も戻り、思うようなプレーができているようだ。

 この日は先週「日本女子オープン」を制した注目のアマチュア、畑岡奈紗と同組でラウンド。「球が強くてビックリしました。飛ぶし、風があっても上手くいくと思う。プロになってもいいプレーヤーになる。楽しかったです」と賛辞をおくっていた。

 自分が17歳のころと比べても、「私なんかよりすごく上手!しっかりマネジメントもできているし、(キャディの)お母さんもいいアドバイスをしていました」。スーパーアマとのラウンドは昨季の女王にとってもいい刺激になったようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)