ショットの安定感に手ごたえの宮里優作「週末が楽しみ」

ショットの安定感に手ごたえの宮里優作「週末が楽しみ」

昨日に引き続きスコアを伸ばした宮里優作は3位タイに浮上(撮影:福田文平)

<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 2日目◇7日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>

 『HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF』2日目、5アンダー・4位タイからスタートした宮里優作は、4バーディ・3ボギー“71”と1つ伸ばすにとどまったものの、初日のバーディ合戦から一転、全体的に伸ばしあぐねる2日目となったため順位は3位タイに浮上。試合後は「ショットにだいぶ安定感が出てきました」と徐々に本調子に戻ってきた印象を語った。


 幸先よく2つのバーディを奪うも、前半残り2ホールで連続ボギー。後半は2バーディ・1ボギーと勢いよく伸ばすことはできなかったが、バーディチャンスを多く創出。「グリーンを読みきれず、(ラインが)一筋違う感じがずっとありましたが“パットが入るのを待つ”という状態になってきている」と、ショットメーカーの優作らしいラウンドが戻ってきつつある。

 初日のラウンド後はドライバーの調整を主に掲げていたが、体が起き上がってしまうことに対して“頭を残して打つ”“フォロースルーを低く出す”など前傾キープの意識を徹底して打ち込んだことで不安は少し取り除かれ、「ところどころいいショットがありましたね」と満足げな表情から、評価できるラウンドであったことが伺えた。

 トップ10以内での予選突破はシーズン序盤の『関西オープン』以来。「(週末は)楽しみですね。ガツガツいきすぎずも引くことなく」。復調の兆しを感じながらの上位争いを楽しみつつ、3日目は優勝を狙える位置で終えたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)