池田勇太、ソン・ヨンハンのプレーオフは決着つかず 初の月曜に持ち越し

池田勇太、ソン・ヨンハンのプレーオフは決着つかず 初の月曜に持ち越し

プレーオフの決着はつかず…マンデーフィニッシュ(撮影:福田文平)

<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 最終日◇9日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>

茨城県にある石岡GCで開催中の、国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」は前日から持ち越した第3ラウンドの続きと最終ラウンドを実施。トータル14アンダーで並んだソン・ヨンハン(韓国)と、この日“66”で5つ伸ばした池田勇太がプレーオフとなったが、4ホールで決着がつかず日没が迫ったため、男子ツアーでは初めて翌日にプレーオフを持ち越すこととなった。7時30分から競技は再開される。


トータル13アンダーの3位タイにはハン・ジュンゴン(韓国)とこの日“65”を叩きだした片山晋呉が食い込んだ。トータル12アンダーの5位には最終ラウンドを首位で迎えた宮里優作が入った。トータル11アンダー6位にホストプロの藤本佳則。トータル10アンダーの7位に市原弘大が入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)