月曜決着の経験アリ スピースを倒したオトコ「僕の方が有利かな」

月曜決着の経験アリ スピースを倒したオトコ「僕の方が有利かな」

月曜の勝ち方を知る男 ソン・ヨンハンが2勝目を狙う(撮影:福田文平)

<HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 4日目◇9日◇石岡ゴルフ倶楽部(7,071ヤード・パー71)>

 「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」の4日目は、第3ラウンドの日没サスペンデッドによる未消化ホールのプレーと、この日のスタートの遅れにより、トータル14アンダーで並んだ池田勇太、ソン・ヨンハン(韓国)のプレーオフは4ホール目で続行不可能となった。1999年(JGTO発足)以降初のプレーオフの“月曜日持ち越し”に、今年1月の国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」で“マンデー決着”を経験している宋は「僕のほうが有利ですかね」と笑った。


 「SMBCシンガポールオープン」は4日間で大会を終えることができず、決着を月曜日の午前中に持ち越した。トーナメントリーダーで第4ラウンドの16番からプレーを再開したヨンハンは、当時世界ランク1位につけていたジョーダン・スピース(米国)に競り勝って、日本ツアー初勝利をあげた。

 初優勝も、そしてツアー2勝目を狙う今大会も月曜日決着となる稀有な例。柔和な笑顔でこの日の正規の18ホールラウンド中も女性ファンから黄色い声援を受けるなど、男子ツアーのベビーフェイスとして定着しつつある。勝って2度の“マンデーチャンピオン”となれば、さらに、人気が高まるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)