勝みなみは7位タイ「優勝に届かなかったことが悔しい」

勝みなみは7位タイ「優勝に届かなかったことが悔しい」

勝みなみもアマ2勝目を惜しくも逃した(撮影:小路友博)

<スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日◇9日◇東名カントリークラブ(6,586ヤード・パー72)>

 悪天候により36ホールの短縮競技となった国内女子ツアー「スタンレーレディス」。この日はイ・ボミ(韓国)とアン・ソンジュ(韓国)のプレーオフとなり、1ホール目でバーディを奪ったアンが今季2勝目を挙げた。


 前週の「日本女子オープン」に続く史上初のアマチュア2週連続優勝を狙った畑岡奈紗はトータル4アンダーでホールアウトし4位タイ。頂点は逃したが、2週連続で上位に入りローアマにも輝いた。福嶋浩子はトータル5アンダーで3位タイ、この日3つスコアを伸ばした辻梨恵がトータル4アンダーで4位タイに入った。アマチュアの勝みなみは笠りつ子、鈴木愛らと並びトータル3アンダー7位タイで競技を終えた。

アン・ソンジュ(トータル6アンダー・優勝)
「決定的な時、私は自分の中でチャンスは1度きりと思ってプレーしています。そう考えて結果が上手くいってるのはラッキーですね。プレーオフの3打目は不安はなかったです。自分のゴルフをすれば大丈夫。ミスだけはしないようにと思ってプレーしたことが成功につながったのではないかと。今日の優勝は意外でした。最後までプレー出来れば満足だったので嬉しいです。体のケアをして最後の試合まで終えるのが大事な目標です」

福嶋浩子(トータル5アンダー・3位)
「久しぶりの優勝争いで楽しかったです。結果は結果ですが、最後は10メートルのパーパットが入りましたし!今週はショットが良くなかったのですが、今日やっとよくなりました。今日は緊張しましたがいい経験なりました」

辻梨恵(トータル4アンダー・4位タイ)
「残り6ホールだけでしたが、いいプレーができました。はじめから2連続バーディだったので、あまりミスなくよい感じのラウンドでした。パットで良いフィーリングをつかんだので、このままいけたらいいですね」

勝みなみ(トータル3アンダー・7位タイ)
「優勝を目指しましたが、自分がほかの選手よりスコアを出さないといけませんでした。それができなかったのが今の実力だと思います。優勝しか狙ってなかったので、奈紗のことはあまり考えませんでした。優勝に届かなかったことが悔しいですね」

【最終結果】
優勝:アン・ソンジュ(-6)
2位:イ・ボミ(-6)
3位:福嶋浩子(-5)
4位T:ペ・ヒギョン(-4)
4位T:畑岡奈紗(-4)
4位T:辻梨恵(-4)
7位T:鈴木愛(-3)
7位T:笠りつ子(-3)
7位T:勝みなみ(-3)
7位T:松森彩夏(-3)
7位T:永井花奈(-3)
12位T:木戸愛(-2)
12位T:香妻琴乃(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)